() T B() W H


《  Y様     : 2018/04/09 》

ニッコリ可愛い姫です。
ふんわりした唇が柔らかくキスが気持ち良し。
小柄で、胸も小さめですが揉み心地は良いです。
小豆のように小さな乳首は敏感で乳輪はほとんどありません。
Pイパンに綺麗なスジマンで幼児体型な感じです。
ロリ好きには垂涎の姫です。
プリンプリンのお尻はBックからも気持ち良さそうです。
見た目は上記ですが、本当の姫は凄かったですよ?

ご対面、手をつないでお部屋に
背伸びをしてクローゼットに上着を掛けてくれます
後ろ姿のワンピースの裾から青いパンティがこんにちは
思わずタッチ
「いやぁ?ン、もう」
可愛くてそのまま抱き寄せてキス、ディープなキス
唇も舌も柔らかくて気持ち良し
Bッドに座り姫に脱がせて貰い、姫も下着姿に
前に立たせブラを外すと小さな乳首が、優しく舐めるとコリコリに
パンティの上から秘所に手を伸ばすと
「ああっ、いいっ、あっ、汚れちゃうからパンティ脱がせて下さい」
パンティを脱がせて姫をBッドに
姫の頭が小生の太ももに乗り、愚息に手を伸ばして口元へ
竿全体をたっぷり舐めてからお口の中に
「クチュクチュジュルジュル?」
優しく激しく気持ちの良いフ◎ラ
舐めて貰いながら指先でク◎トリスを転がすと
「はぁ?、気持ちいい」
姫の中に指を入れます
「ああっ、だめ、いいっ」
愚息から口を離し崩れ落ちました

姫を寝かせて責めます
フェザータッチから乳首舐め
両方の乳首をコリコリにしてから下へ
左手でクリ◎リスを転がし、右手でGス◎ットを責めると
「ピュッ」
「ぴちゃ、ぴちゃ」
右の手のひらに愛液の水たまりが
「凄いね、潮吹くんだ、ほら垂れてるよ」
手から垂れる潮を姫に見せます
「いやぁぁぁ、恥ずかしいからみせないで」
更にクリとGスポ◎トを責めると
「いいっ!イク!イク!イク?」
腰を突き上げながら昇天しました
さらに右手の指先を奥から手前に優しく動かすと
「だめ、出る、ああっ、すごいの出ちゃう」
「ビチャビチャビチャ?、ジャ?」
ホントすごかった!
腰の下のタオルに直径30cmを超える潮のシミが

「ああっ、すごい、もうだめ、ああっ、お願いですもう入れてください」
潮のシミの上にタオルを敷いて綺麗にしてからS着してゆっくりと姫の中に
愚息全体を締め付けるように包み込む気持のよいお◎んこです
K頭の上でG◎ポット擦ります
「ああっ、それ気持ちいい」
姫の乳首に高速乳首舐めを
「あっ、あっ、乳首いいっ、あっあっ、イク」
体を震わせて軽くいきました

クリト◎スを自分で触り始める姫
突きます
「ぴちゃ」
突きます
「ぴちゃ、ぴちゃ」
突く度にハメ潮が小生の下腹部にあたります
「ああっ、またイク、イク」
激しく腰を突き上げて昇天
ズボッ!!
あまりの激しさに愚息が抜けてしまうと
「あっだめ、抜いちゃだめ、突いて、突いて、もっと突いて」
頼まれたら断れません(笑)
激しく突いてあげました

「気持ちいいの」
「はい、凄く気持ちいい」
「どこが」
「...あそこ」
突くのを止めます
「ああっ、だめ、突いて下さい」
「...」
「ああっ、おま◎こきもちいいです」
「大きい声で言ってごらん」
「お◎んこ気持ち良いぃぃぃ」(絶叫)

「ああっ、だめ、またイク?」
何度も何度も昇天し、腰の下のタオルがビチャビチャになるまで楽しませて貰いました
最後は、激しく突いて一緒に昇天
姫に体を洗ってもらい、混浴
手をつないで階段を降りお別れしました

この姫楽しすぎます
オキニ確定、こんどはもっと吹かせちゃおう
Bックもしたいな